ネイリスト求人から応募してプロを目指そう

メンズ

自分に合った会社を探す

英語

レベルが自分に合うか判断

派遣で英語を生かせる会社として、外資系の企業が挙げられます。主に日本と外国の会社の連絡係としてコミュニケーションを行うなど、日常会話からビジネス英語まで高い英語力が求められます。その他には翻訳会社が挙げられます。絵本やテキストの日本語訳を英語にする、または逆に英語から日本語にと、英語力だけでなく適切な日本語の文章力も求められます。どちらかというと前者の外資系での派遣の求人が多く、外国の社員とのメールのやりとり、電話など接客対応が求められます。そのため、リスニング、ライティング、スピーキングの三つが出来ると派遣としても採用材料はばっちりです。企業側の判断材料としてTOEIC700点以上などが求められることもあります。そうした目で見てすぐに英語力が分かると判断できる資格などがあると、経験がなくても派遣として採用される可能性は高まります。英文事務、貿易事務、国際事務など書類を英文で書く求人もありますが、高度なビジネス英語力が求められます。簡単な日常会話程度の英語力でも働けるのか、それとも高度なビジネス英語力が必要なのか事前に判断する必要があります。実務経験がなくまだ不安であるという場合は、まずは簡単な英語でも可能なところから入り、経験を積んだらキャリアアップしてみるのもよいでしょう。派遣であれば契約期間が決まっているため、そうしたキャリアアップもしやすい環境といえます。最初から難しいところに挑戦せず、無理なく自分のレベルに合った企業を探しましょう。